Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自分の中のモラルはどの辺まで?With『ニュースの天才』

出展:https://blogs.yahoo.co.jp/kung_fu_hawk_down/8159918.html

こんばんは。今宵はスーパームーンでブラッディ(血のような赤い)月らしい。

でも帰ってきたとき、分厚い雲に阻まれていた・・・。(書いた日1月31日)

ジャスミンKYOKOです!

2月は同僚に誘われ、人生初の「歌舞伎」に行ってきます。

寝そうだけど。(;・∀・)

まあ、一度くらいは体験ってことで♪

博多座で公演前に買うおやつが楽しみ・・・。

4時間もあるらしい(知らなかった・・(;^ω^))。

同僚にはその時点で「寝るかも」とお許し済み(笑)。

 

今朝、子供の自転車が引き取られていきました。スッキリ。

「身軽女子脱皮計画」では、今年、昔の携帯も3台ほど持ったままなので

今度こそは処分しようと思っとります(できるかな・・・)

 

ニューヨークヤンキースのチケットを取りました!!

しかも、宿敵レッドソックス戦(^^♪のホームゲーム。嬉しい~。

「ニューヨークに行ったら ヤンキースのホームゲームは見たい。」

↑そのいきさつはこちらに書いてます♪

 

さて、映画の会の2月の宿題を考えつつ、見入ってしまったのは、

ヘイデン・クリステンセン主演の『ニュースの天才』

TV放映の映画は「洋画」をジャンル検索して

キャストや年代で興味があるもの、

聞いたことあるタイトルだったらとりあえず予約している。

あらすじまでは見ずに予約してるから、たまに全然面白くないモノに遭遇もある(笑)。

何回も観たアクション映画を録画しないといいのに、毎回録画をして

家事の間だけ観るはずだったのに、途中から夢中になり、やっぱり最後まで

観てしまうという、悪循環を繰り返している(笑)。

 

この『ニュースの天才』は、ちょっと前に録画してたのだけど、

前からタイトルは知ってたけど、邦題も怪しい感じだし、

そのままにしてた。

昨日はたまたま午後から何か観ようと思って、思い切って再生した。最初は

ちょっと???ダルイ感じだったので、「ん?失敗か?観るのやめようかな」

思ったら、あっという間に引き込まれて、面白かった!

出展:https://www.tadamonkugaiitakute.com/7190.html

アメリカを代表する雑誌「NEWYORK REPUBRIC」

大統領専用機にただ1冊載せられる、政治雑誌。

そのリパブリックの売れっ子記者のスティーブン(ヘイデン・クリステンセン↑一番左)。

実際にあった、人気記者のねつ造事件をもとに描いた作品。

最初、彼の日々の行動が映し出されるんだけど、

観てて、ちょっと気持ち悪い。

天下のダースベーダーなのに(笑)。

気の遣い方が尋常じゃなくて、男子にも優しいけど、女子への気遣いが、

フツーじゃない(笑)。

非モテ男子が女子の扱い方を知らなくて、つい言いなりになっちゃうとかのレベルでは

なく、女子同士が自分への恋心やキャリアへの嫉妬心でもめたりして、

自分を脅かすことがないようにとにかくうまく立ち回る(笑)。

男子の出世の妬みでも足をすくわれることがないよう 巧みに布石を打つ。

いけすかない奴は、人から抜きん出たとたん、

妬みで失脚することを知っているからこその、予防の行動がすごすぎて、気持ち悪い。

でも、ここまではなくてもいましたね。こういう人(笑)。

女子には絶対気づかれないの。人気者のダンディな上司の裏の顔。

女子にもいた。自分を責められないために、色んな人に小さな言い訳をずっと

して回っていたり、自分が嫌いな人が悪い印象を持たれるように 少しずつ

悪い部分を色んな人に少しずつ植えつけるように話していたなあ。

自己防衛本能が強いんだろうね。

出展:http://dayslikemosaic.hateblo.jp/entry/2015/04/16/000148

ある日、人気記者の彼が書いたセンセーショナルな記事に、少し疑問を持った

他誌の記者が。その分野に長けている雑誌社だっただけに、なぜ、その情報を

自分たちはつかめなかったのか、悔しさまじりに調査すると

記事のある部分が存在しないものという事実を知る。

雑誌社からリパブリックの新しい編集長に、連携記事を書きたいという名目のもと、

その記事に対する疑問点がやんわりと伝えられる。

編集長が好きだったから、より面白かったかもしれない(笑)。

出展:http://dayslikemosaic.hateblo.jp/entry/2015/04/16/000148

↑前の編集長の後任で、急に記者から編集長になったチャック(ピーター・サースガード)。

この人のもの静かな感じが好きなのよねえ!認識したのは、ジョディ・フォスター

『フライトプラン』の犯人役。犯人なのになんか、もの静かで上品なのよ。

『ブルージャスミン』で、ケイト・ブランシェットの婚約者の時がまた、かっこよかった。

出展:http://top.tsite.jp/news/celebrity/o/31628444/index

最近は髪が後退してきて、寂しくなってきたけど・・・(;^ω^)

まさかのジェイクのお姉ちゃんのマギーと結婚してたなんて!!Σ(゚д゚lll)ガーン

『ダークナイト』クリスチャン・ベールアーロン・エッカートが取りあうヒロイン

なんだけど、地味すぎて「取りあうほどの美女じゃない!」(お前が言うな)と

超不満爆発だった女子、マギー・ギレンホール

そうか、日本人にはわからん魅力があるんだろうか。(T_T)

出展:https://plaza.rakuten.co.jp/bluerose21/diary/200905020000/

7年の交際後、結婚式を挙げたらしい。すごい!ハリウッドなのに7年も!

・・・と話がそれました(笑)。

新任の編集長チャックは、まだなり立てだが、誰よりも記者の気持ちを分かっている。

思いあまって誇張したり、プレッシャーから脚色したりするのはあることだと理解し、

スティーブンの記者生命を絶たないように奔走するが、

事態はもっと深刻で恐ろしいものだった。

スティーブンが追い詰められていく様と巻き込まれていく周囲。

引き込まれて面白かった~。いい人のようでいて、心底反省することがなく、

超えてはいけない一線にあまり葛藤を抱かない、自己愛の強すぎるスティーブンを

ヘイデンがうまく演じててよかった♪。


@『ニュースの天才』

スティーブン・グラス・・・・・ヘイデン・クリステンセン

チャック・・・・・・・・・・・ピーター・サースガード

@ピーター・サースガードおススメ映画

『フライトプラン』『ブルー・ジャスミン』『マグニフィセントセブン』

@身軽女子へ脱皮計画

1/25 「いつもなら捨てるのだいたい忘れちゃうもの 小さな鍵」

@世界煩悩ワンダラーになるブログ

1/30「ニューヨークに行くならヤンキースのホームゲームを見たい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー