『シンプル・フェイバー』

こんばんは。ジャスミンKYOKOです♪。

連続、『シンプル・フェイバー』の画像検索をしてただけなのに、うたた寝(^▽^;)。

春は眠くなるのかな。いっこうに映画レビューがすすみません(T_T)。

この映画は、当初予想してたより、サスペンス性が高くて、しかも笑える部分もあり、すごく面白かったです!

服もアナ・ケンドリックのカラフルなカワイイファッションや、ブレイク・ライブリーのカッコいい大人の女の服を存分に楽しめて、目にも楽しかった。




 

ストーリー

出展:https://eiga.com/movie/88343/

ニューヨーク郊外に住むシングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)。子育てに追われる毎日だが、子育てについてのブログを発信していた。

ひょんなことがきっかけで、息子同士保育園が一緒の、アパレル業界に努める華やかなエミリー(ブレイク・ライブリー)の家に招かれる。

境遇も所得もすべてが正反対の2人。

ある日、エミリーから自分の息子のお迎えを頼まれたステファニーが、子供たちを世話しながらエミリーの帰りを待っていたが、その日からエミリーは失踪してしまった。

『シンプル・フェイバー』の意味は「ささやかな頼み」

「ささやかな頼み」だったはずのお迎えを引き受けた、人がいいステファニーだが、エミリーの行方を探すうちに彼女の本当の姿が少しずつわかっていく・・・。

 

初めて見た気がする、アメリカのママ友ライフ

出展:https://www.fashion-press.net/news/45222

映画で子供たちが出てくる映画ってよく見るけど、ママ友とか、幼稚園を描いたのって少なかったのもあり、新しかった。

なんだ、アメリカも日本とあんまり変わらないじゃん(笑)。

アメリカってなんとなくベビーシッターっていうイメージ(;^ω^)。

日本と違って幼稚園は、小学校の中のクラスの1つとしてあることが多いらしい。

シュワちゃんの映画でなんとなくイメージはできてたけど♪

この映画ではスクールバスに乗らずにみんなママが迎えに来てたから、あのスクールバスに乗るのもある程度の年齢からなのかなあ(アメリカの文化を知るのは楽しい♪)

ママ友は面倒くさいし、ママ友作らなくても友達はいっぱいいたから、極力距離を置いてたな(笑)。

ママ友が恐ろしいみたいなTV番組があってた時、うちの息子ちゃん(当時中2くらい)が、「ママ友、1人もおらんやろ?」「そうよ、いらんもん」というやり取りをしたことが(笑)。

素敵な人を見つけたらいいけれど、多くはなぜか、会話の最初に「だんなさんは仕事は何してるの?」が最初だった(そんなこと聞いていったい何になるのかな)。

共通点を探したいなら、もっと他のことを聞けばいいのになあ(笑)。

もっと仲良くなってから、話の延長でそれを話すってのはあると思うけどね( ̄▽ ̄)。

映画の会が素晴らしいのは、みんな何の仕事をやってるか、何歳か、どこに住んでるかもよく知らないこと(笑)。

何者かわからないけど、「映画好き」でつながってる素敵な関係なのだ♪

ブレイク・ライブリーのお迎えルックが、ゴージャスすぎて明らかに浮いてるのが面白かった。

 

自信のなさと憧れから、エミリーにのめりこんでいくステファニー

出展:https://www.ciamovienews.com/2018/05/A-Simple-Favor

豪邸に作家のイケメン夫と住むエミリー。

いつもゴージャスな服に身を包み、夫からもすごく愛されているエミリーを見たステファニーは、嫉妬などは見せないものの、「憧れ」と「同じ場所にいつか立ちたい願望」もあってか、たよりにされるのが嬉しくて、エミリーからの頼みごとを快く引き受けてしまう。

女子にありがちな設定だなあと感心。

お人よしの人は、お人よしを見抜く人から、その「憧れている」気持ちを見抜かれ「友達」という、ていのいいカテゴリーで利用されてしまいがち。

「ちょっと利用されてるかも」と内心気づきながら、「気のせい」「友達なんだから助けて当然」と自分に言い訳をして利用されつづけるのだ。

自分のことかも?と思ったら、たまに頼まれごとを断ってみよう♪

昼にマティーニを飲んでくつろぐ日々を過ごしてみたい(笑)と映画を観ながら思った。

作家の夫ではなく、マティーニならダニエルがいいけど( ̄▽ ̄)。

秘密の打ち明け話は、女子特有の仲良くなる技術なのかも♪

あんまり大人になると、「親友にはすべてを打ち明けなければならない」なんて、中学生のような発想はなくなる(笑)。

あえて全部を話さないことで、楽しくさっぱり続く関係が一番居心地がいいのだ。

でも、たまに数年経った後、女友達に「実は、あのとき」という話をするのは、最高に盛り上がるけどね♪。

 

2人のそれぞれに似合った素敵な服が見ごたえあります♪

出展:https://fashion-j.com/archives/tag/
出展:https://www.anemo.co.jp/movienews/newmovie/simplefavor-4-20190117/

ブレイク・ライブリーは、ストライプのスーツや、紺色のスーツにネクタイなどのマニッシュスタイル。アナは花柄のワンピースやニットカーディガンとひざ丈のスカートなどのガーリースタイル。

両方とも着たい!!

しかもエミリー(ブレイク・ライブリー)のクローゼットが、ゴージャスでうっとり。

『Sex and the City』のキャリーのクローゼット同様、惚れ惚れします。
『Sex and the City』

 

人間には誰しも秘密がある エミリーの秘密とは?

出展:https://www.anemo.co.jp/movienews/newmovie/simplefavor-4-20190117/

友人と、お互いおばあちゃんになった時、もう時効な秘密を言い合おうと楽しみにしています(アホ)。

ステファニーは、失踪してしまったエミリーの家族の世話をしながら、彼女の行方を追う。

調べを重ねるごとに彼女の正体が謎に包まれていく。

女同士の軽いもめごとかと思いきや、予測がつかない展開で、アナ・ケンドリックのコミカルでキュートな演技に笑いつつ、最後までハラハラしたり飽きさせない面白さです。

ファッション的にも、カラフルで楽しめる映画♪

ブロガージャスミンとしては、ステファニーの料理・育児ブログシーンは興味深々、楽しかった♪

ぜひ、劇場でも、DVDになってからでも見てみてね。




映画『シンプル・フェイバー』のキャスト

@『シンプル・フェイバー』(2018 米)

ステファニー・・・・アナ・ケンドリック

エミリー・・・・・・ブレイク・ライブリー

【2019】 ジャスミンKYOKO 私的映画ランキング

1位・・・・『クリード2』

2位・・・・『グリーンブック』

3位・・・・『運び屋』

4位・・・・『女王陛下のお気に入り』

5位・・・・『ファースト・マン』

6位・・・・『マイル22』

7位・・・・『シンプル・フェイバー』

8位・・・・『THE GUILTY/ギルティ』

9位・・・・『マイ・サンシャイン』





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー