『ビニー/信じる男』ボクシング映画はやっぱりいい!

こんにちは。今日は休みで、また予定時間を大幅に過ぎて起きました(^▽^;)

9時半。ギャー。しかし、ちゃんと、がんばって中洲大洋まで

真昼間に足を運んだよ。本当は朝早くに天神に行ってるはずだったけ

ど・・・。昨日のマンガの会も面白かった!!またその報告は次回に♪

『ビニー/信じる男』面白かった!!

私の好きなアーロン・エッカート(↑一番右)がこんな姿だったので

観に行くのをためらっていたが、(アホな理由)

映画の会メンバーオススメだったし、ボクシングだし!と行ってみることに♪

・・・観てよかった!!

アカデミー賞3部門受賞の『セッション』を観てないから、主役の

マイルズ・テラーはあまり知らなかったんだけど、

なんか、ヒゲが似合ってヤサ男感がよかったーーー♪(そこがいいの?)

⇧わたくしKYOKOがシビレたのはこのシーン。これ!?と思うでしょうが

ボクシング映画あるあるの、王者になり、華やかな世界とお金と女に

溺れ切った最初のシーン( ̄▽ ̄) この入場シーンがスローモーションなので

たまらないーーーー!!

ヒョウ柄のガウンも下品で素敵!!(笑)。

『ロッキー3』でも『サウスポー』でもチャンプになると

お金を湯水のように使う王者たち。

急に目の前に現れたきらびやかな世界に地道な努力を忘れ、

一夜の試合ですべてを失い、どん底に立たされる。

ボクシング映画では このどん底からの復活が、

ありきたりとわかっているのにシビレちゃうのはなんでだろうね(笑)。

しかも その復活の方法は、アナログじゃないと!

『ロッキー4』のドラゴのように 超ハイテクマシーンで鍛えてるのを

観ると あまり応援しがいがないのは何でだろう。(^_^;)

長年『ロッキー』シリーズで 叩きこまれた、

最後は「人間力が勝つ!」みたいなのを信じたいのかも♪

ロードアイランド出身のスーパーライト級ボクサー、

ビニー・パジェンサ(マイルズ・テラー)は、

あのメイウェザーの叔父 ロジャー・メイウェザーに敗れ、

あっという間にどん底に。

マイク・タイソンを育てたトレーナー、ケヴィン(アーロン・エッカート)に

トレーニングを頼み、再び世界タイトル王者に返り咲く。

しかし わずかその1か月後に 首の骨を折る悲惨な交通事故に遭い、

「再起不能」と宣告される。

頸椎に金属を埋め込む固定手術をすると「歩行は可能になる」という医者の指示には従わず、

あくまでも「ボクサーに復帰する」ために、ハローベスト装着を選択。

⇧首の骨を折っていて、頭を支えきれないので その補助をするベスト。

首が復活するまで 頭蓋骨に直接ボルトを埋め込み、体全体で

頭を支えるというロボットみたいな装置!

ギャーこんなヘルレイザーみたいなのが現実にもあるんだー!!

事故後、彼の周りの華やかだった世界は一変。稼がなくなったボクサー

からは みんな離れていく。本当にビニーを愛する者だけが残ったが、

その周りの者たちも「再起」なんて考えていなかった。

ただ一人、ビニーを除いては。

「諦めるのが簡単なのが 怖いんだ」

・・・・・名言です!!

地下室で少しずつトレーニングに励み、そこから王者復活までを描きます。

ボクシング映画のみどころって、試合はもちろんだけど、選手とトレーナーの

やりとりもいいよねえアーロンがこんな姿じゃなきゃ・・(まだ言ってる)

アメリカ映画かぶれの萌え点としては、アメリカの家に必ずある地下室。

ホラー映画にはなくてはならないものだね♪(笑)

あと、家族が、ビニーの試合をテレビで観戦するとき、

お皿いっぱいのポップコーンとビールやコーラを用意してソファに

座るシーンもキューン(^^♪アメリカの家族のTVを観るシーンの必需品が

守られています(アホ)。

イタリア系家族なので 食事のシーンも何回も出てくるのも素晴らしい♪

パスタを食べるのがツボです!!

ファイトマネーで早速買った新車の、真っ赤なカマロもかっこいい!!

アメ車は燃費が悪いけど、そこがまたアメリカらしくて素敵💛

⇧ビニーの出身地が、ボストンに近いロードアイランド州なので

出てくる建物が古いレンガの建物でヨダレものです!!

⇧この後ろの背景、最高。こんな建物はいつまでも残しといてほしい。

わたくしKYOKOのために。

ボクシング映画で好きなのは、敗者復活の舞台のボクシングジムのさびれ具合♪

壁紙なんて存在しない、コンクリートやレンガの壁むき出しの部屋に

古ぼけたリングとロッカー、擦り切れたサンドバッグ。

はー・・・・素敵!!

『サウスポー』では 張り巡らせた糸をよけてシャドーボクシングしたけど、

今回は木製の人形相手にシャドー(^^♪ 手作り感がサイコー。むふふふ

ボクシングシーンの迫力は近年のスタちゃんの『クリード』、

ジェイクの『サウスポー』に負けますが、

人間ドラマとしては すごく見応えのある映画です

⇧イタリアンマフィアさながらの やんちゃなお父さんも素敵♪

『裏切りのサーカス』や『ミュンヘン』でのスパイ役に出てきたキアラン・ハインズ

が濃いキャラのお父さんでいいっス!

👇

⇧「アーロン、いつの間に!!髪があああーー」と観る前から嘆いてたら

「特殊メイクでしょう、最近まで生えてたし」(『ハドソン川の奇跡』のことを言っている)

と映画の会メンバーに励まされ、どうにか観ることが出来ました(アホか)。

役作りで18キロ太ったらしく、元に戻るのかが怖かったが、M・Fちゃん情報では

次の映画のために戻したらしい。・・・ホッ。

あまり無理しないでね、体重は戻ってもアゴのラインや首なんかに

たるみが残っちゃうからね・・・(T_T)

元に戻る!!と強い意思を持った上で太らないと、ラッセル・クロウグループ※に

配属されてしまいます(笑)

※『インサイダー』で役作りで30キロ太って もう二度と前の姿に戻らない、

ラッセル・クロウのことを言う。

このボクサーのことも知らなかったので、映画は本当に勉強になる♪

⇧本物のビニー・パジェンサ(左)と、演じたマイルズ・テラー。

こんなヒョウ柄のジャケットを持ってるのがまたいい(笑)。あははは

ビニーが世界王者に返り咲く、ベガスのMGMグランドには その2年後に

わたくしKYOKOも行ったので 思い出すとまた嬉しくなる♪

アメリカンドリームとマッチョは世界を制す!(アホ)

おススメです~。元気がでますよ!フルチャージで明日からもお仕事頑張れます!

いい映画多すぎてランキング悩むうう。

見終わった後の余韻と興奮、また観たい!と思うかどうかで決めております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@『ビニー/信じる男』(2017 米)

ビニー・パジェンサ・・・・・・・マイルズ・テラー

ケビン・ルーニー・・・・・・・・アーロン・エッカート

アンジェロ・パジェンサ・・・・・キアラン・ハインズ

アクション度・・・★★★ エロ度・・・★★★

初めてのデート・・・不向き 元気がでる度・・・★★★★

@2017 映画KYOKO私的ランキング

1位・・・・『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2位・・・・『マリアンヌ』

3位・・・・『マグニフィセント7』

4位・・・・『T2 トレインスポッティング2』

5位・・・・『夜に生きる』

6位・・・・『パトリオット・デイ』

7位・・・・『ハクソー・リッジ』

8位・・・・『ザ・コンサルタント』

9位・・・・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

10位・・・・『スノーデン』

11位・・・・『沈黙ーサイレンスー』

12位・・・・『LA・LA ランド』

13位・・・・『ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー』

★14位・・・・『ビニー/信じる男』

15位・・・・『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』

16位・・・・『ジョン・ウィック チャプター2』

17位・・・・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

18位・・・・『バーニング・オーシャン』

19位・・・・『スプリット』

20位・・・・『ネオン・デーモン』

21位・・・・『バイオハザード ザ・ファイナル』

22位・・・・『雨の日は会えない 晴れた日は君を思う』

ジャスミン おススメボクシング映画

『ロッキー』『ロッキー4』『クリード』『ミリオンダラー・ベイビー』

『ALLI』『ザ・ファイター』『サウスポー』

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー