久しぶりの雨と、『プロミスト・ランド』を観た【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

お出かけしてないので、素敵な写真をなかなか撮れず、ここしばらくはフリー素材の写真から好きなのを載せていきます♪

久しぶりに雨が降った。

花見もGWもものすごく快晴、なのに外に出れない。

ブログなどを書くのでもともとインドアもかなり好きだけど、こうも家族しか交流してないと、誰か他の人と話したくなる。

空友Yとは毎日LINEで「おはよう」「おやすみ」と今日何をしたか報告しあってるけどね(笑)。

ジェリー好きの友達とは、動画配信で何の映画が面白かったかを、映画の会メンバーでは未来公開の映画や、かぶれ話を。

LINEやzoom、amazonプライムのある時代でよかった。(^o^;)。



最近見た映画

新しい映画を見なきゃと思いつつ、馴染みのある好きな映画を垂れ流しながら、パソコンの画像整理をしたり、ブログの昔の記事の修正をしたり。

そういう時間がすごく好きなのかもしれない。

新しいのは2本は見た。

マット・デーモン主演の『プロミスト・ランド』と、ブレイク・ライブリーの『かごの中の瞳』。

どちらも見たいと思ってたものだったので、ちょっとはやりたいことを達成したかも♪

『プロミスト・ランド』は、アメリカで今をときめくシェールガスの話。

岩盤の下に中東に頼らなくてもいいくらいの莫大な原油が眠っていることがわかったアメリカ。

田舎の農業は、伸び悩み、町は廃れていく一方。そこにシェールガスの有望な社員であるマット・デーモンが土地をリースして、下に眠ってる原油で裕福に暮らさないか?と提案に出向く。

しかし、思いもよらぬシェールガス採掘により土地が死んでしまった事実を知ってしまう。町の活性化に良いことをしてるつもりだった彼の葛藤と、アメリカの田舎の現実を描く。

アメリカの農家は広大だから、そこまで困ってないと思ってたのに、ビックリした。食べ物って一番大事なのにそれを生産してる人が生活していくのがやっとの社会ってやっぱりどこか仕組みがおかしいのかも。


『かごの中の瞳』は、ブレイク・ライブリーが盲目の妻を演じていて、手術で目が見えるようになって初めて夫を見てから気持ちが冷めていく・・・という残酷な話(笑)。

ほんと、だんなさんが献身的で素晴らしいの。でも顔がイケメンじゃないのよ(笑)。ジェイソン・クラークなんだけどね(^o^;)。

すごく尽くしてくれたから頭ではわかっていても、感謝もしているのに心がすれ違っていく・・。

ブレイク・ライブリーもひどいけど、冷めていく妻を見てジェイソン・クラークも異常な行動に走っていく。面白かった!

 

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ

TOP画像のような、素敵なカフェに行きたい。

おうちでコーヒー淹れて飲むのも好きだけど、友達とバカ話したいなあ・・・(;_;)。

さて、明日も何か新しいこと出来ないかな?

・新しい映画を見る

とか、珍しいこと。

ウォーキングは昨日の雨はお休みしたけど、今朝は雨上がってから歩きました♪

8日目、達成♪これもかなり珍しいことではある(笑)。




 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA