『エンド・オブ・ステイツ』スカッと爽快アクション!見たいものを期待通りに見せてくれる!

こんばんは、ジャスミンKYOKOです!

いやあ、良かった!
TOP画像出典:https://eiga.com/movie/91729/gallery/

『ターミネーター ニュー・フェイト』が全然ダメだったので、ガッカリしていた時に、この映画は「私が見たい!と思っているものを期待通りに見せてくれた」ので、気分が一気に戻りました!

こういうのが観たかった♪ ジェリーが最高にかっこいい!!

ジェラルド・バトラー好きの友達と行って大興奮♪

しっかり「ひいき目」も入ってますが、ご容赦を(笑)。

 

ストーリー


出典:https://eiga.com/movie/91729/gallery/10/

数々の危険から大統領を守り抜き、いまや絶大な信頼を得ている大統領専任シークレットサービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、長年酷使してきた体が悲鳴をあげ、シークレットサービスの長官への推薦を受けるべきか悩んでいた。

そんな時、トランブル大統領(モーガン・フリーマン)が、お忍びで出かけた釣りの最中に、何者かに襲撃される。

お忍びを知るのは少数の内部の人間。

用意周到な計画にマイクが疑われ、FBIに拘束される。

護送中に逃げ出すことが出来たマイクは、真犯人を追うがFBIからも真犯人からも狙われる。



四の五の言わずにジェラルド・バトラーを楽しむ映画(笑)


出典:https://eiga.com/movie/91729/gallery/2/

もうね、ジェリーが最高にかっこいいの(アホウ)。

最近、女子が強かったり、女子中心のアクション映画に嫌気が差してたので、ほんと、これは嬉しかった!!

無駄に強い女子も出てこないし、とにかく友達と2人でキャーキャー楽しみました♪

銃を構えるブルーアイズのアップが多くて「ほえええええ」♥。

すぐぷっくり太っちゃうジェリーなので心配してたけど、今回もちゃんと絞ってOK!(人のこと言えるのか)。

途中で汗かいた上着を脱ぐ時があって、「裸」も合格(アホウ)。

ただね、首のシワとアゴのたるみが、『ハンターキラー 潜航せよ』では、目立たなかったのだけど、今回はイヤに目立ってた。

ハンターキラー 潜航せよ [Blu-ray]

前のは潜水艦だから浮力?がついてたのかしらね(笑)。

2人で「トムはあんなに若いから、ジェリーもお金あるなら糸で引っ張ってもらえばいいのに!※」と言いながら劇場を出た(笑)。

※美容整形で顔のたるみをリフトする見えない糸のこと トム・クルーズは57歳、ジェリーは50歳。トムがその糸を使ってるかは不明(笑)。

太ったり、痩せたりを繰り返してるからかなあ。

色々言いつつも、的確な指示、とにかく大統領を守ることだけを最優先、仕事というより人生をかけてその仕事をしている・・的なところを見せられると、もうウットリ。

こんな人に守られたい!!と思った~。

この感覚、超久しぶり!!

もう、それだけカッコいい男の映画が少ないってことなのです(悲)。

ジェリーファンじゃなくても、これを見れば彼の過去作品を見直したくなるくらいヤラレますよ♪

 

アクションと、展開が早くて、退屈しない♪


出典:https://www.youtube.com/watch?v=KsgdyQfGlhQ

ストーリーは、最初からラストまで想像できる話で(笑)、要するにマイクが内部のものにはめられて、それを1人で解決していく映画なのねって感じ。

それなのに、全然退屈しないの。

前回は海外だったから、今度は内部の敵なのね、うんうんとアクション映画のシリーズではありがちなのに、『96時間 レクイエム』※とはまったく違って最初から最後まで戦闘なのに面白い。

※リーアム・ニーソン演じる元CIAのブライアンが元妻殺しの容疑者にハメられ、真犯人を探す

96時間/レクイエム (非情無情ロング・バージョン) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

もう、最初から、「あーこいつが犯人ね」って分かってるのに『イコライザー2』※みたいにちっちゃい話にもなってないのがいい。

※デンゼル・ワシントン演じる元CIAのマッコールが、親友のスーザン殺しの犯人が同僚の仕業だと分かり復讐する

イコライザー2 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

みんな、元CIAね(笑)。あはは。

たぶん、場面の切り替え方とかがうまいんだと思う。あるあるなお話なのに、楽しい。

しかも米国内なのに、そんなに激しい爆破していいの?と思うくらい爆破しまくり(笑)。

ジェリーが1人で逃げまくって、また敵の真っ只中に大統領をただ救うためだけに戻る。かっこええーーっ

あーまた観たくなっちゃったな、全シリーズ♥。

 

脇を支える俳優陣が素晴らしい~


出典:https://milirepo.sabatech.jp/

今回の大統領は、前2作の時のアーロン・エッカートから、モーガン・フリーマン⇧に。

後から思い出したけど、2作目の『エンド・オブ・キングダム』の時に副大統領だったから、アーロン・エッカートの後に当選したのねえということがちゃんとつなげてある。

エンド・オブ・キングダム [Blu-ray]

モーガン・フリーマンはいつでも味があっていいなあ。

マイクと同じシークレットサービスの仲間に『ジョン・ウィック』シリーズの、コンチネンタルホテルのフロントマン(ランス・レディック)が♪わあ~いいわあ♪⇩今回はシリアス路線♪


ジョン・ウィック 1+2 Blu-rayスペシャル・コレクション[初回生産限定]


出典:https://cinema.ne.jp/news/endofstates2019102711/

そしてFBIエージェントにウィル・スミスの奥さん、ジェイダ・ピンケット・スミスが出ていた。あんまりアクション映画で見かけたことないけど、こういう映画も出るんだねえ。(⇩写真 右)


出典:https://getnews.jp/archives/2287855

⇧ウィルとずっとラブラブらしいから、うらやまひー。


出典:https://realsound.jp/movie/2019/11/post-441936.html

⇧今回、一番のナイスキャラは、マイクの父親役のニック・ノルティ。

もう、かなりのおじいさんになっちゃってたけど、お茶目さは健在♪ 個性的で面白かった~。

『ラン・オールナイト』でも、追われるリーアム・ニーソンの逃げ場所になってたけど、今回も追われたマイクが逃げ込む場所♪ もはや仙人キャラ(笑)。

ラン・オールナイト [Blu-ray]

この俳優陣のおかげもあって、アクションあり、スリルあり、笑いありでうまくコンパクトにまとまって、スカッと楽しめるアクション映画に仕上がってた。

 

ジェリー好きは、ちょっとの変化に気づく。


出典:https://www.anemo.co.jp/movienews/newmovie/angelhasfallen-3-20191021/

「あの奥さん、変わってなかった?」

「あんな若くなかったし、そこまで美人じゃなかったよね」

劇場を出た後、2人(笑)。

マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)の奥さんリア役の女優さんが、なんか違う気がしたのだ。

この映画において、あまり奥さんは重要人物じゃないので、そこまで出番はない。

金髪というのは覚えていたけど、なんか・・・違う。

帰って調べてみたら。・・・当たり!!

1、2作目は同じ方で、この3作目から変わってた!

やっぱり!! すごい!!私達の「野生のカン」(笑)。

ジェリーにくっつく女は、出番は少なくともなんとなく知らぬ間に本能でチェックしてるんだろね(笑)。むふふふ

子役の赤ちゃんがかわいかった~。

まとめ

わたくしジャスミンが、アクション映画に求めているものを、そのまま期待通りに見せてくれた、本当にスッキリ爽快に楽しめた本作。

久しぶりに純粋にキャーキャー出来た作品でした♪

80年代アクション育ちのわたくしにとっては、ヒーローが活躍しないと不満なのよ(笑)。

ジェリーが、最高にかっこよかった♪

『ハンターキラー 潜航せよ』も、潜水艦をめぐる男たちの映画だったので本当にワクワクした。

ハンターキラー 潜航せよ [Blu-ray]

どうか、このジャンルを守り抜いてくれ。

1年に2回もジェリーが見れるのは本当に嬉しい。早く4を作って欲しいなあ。

大満足のジャスミンであった。 なんと、5位!



この映画の情報

@『エンド・オブ・ステイツ』(2019年 米)

マイク・バニング・・・・・ジェラルド・バトラー

トランブル大統領・・・・・モーガン・フリーマン

ウェイド・ジェニングス・・ダニー・ヒューストン

クレイ・バニング・・・・・ニック・ノルティ

トンプソン捜査官・・・・・ジェイダ・ピンケット・スミス

デヴィッド・ジェントリー・ランス・レディック

【2019】ジャスミンKYOKOの私的映画ランキング

1位・・・・『クリード2』

2位・・・・『グリーンブック』

3位・・・・『運び屋』

4位・・・・『ブラック・クランズマン』

5位・・・・『エンド・オブ・ステイツ』

6位・・・・『ハンターキラー 潜航せよ』

7位・・・・『女王陛下のお気に入り』

8位・・・・『ファースト・マン』

9位・・・・『マイル22』

10位・・・『シンプル・フェイバー』

11位・・・『パピヨン』

12位・・・『ホテル・ムンバイ』

13位・・・『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

14位・・・『僕たちは希望という名の列車に乗った』

15位・・・『ロケットマン』

16位・・・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

17位・・・『ジョン・ウィック パラベラム』

18位・・・『ベン・イズ・バック』

19位・・・『キングダム』

20位・・・『ある少年の告白』

21位・・・『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

22位・・・『THE GUILTY/ギルティ』

23位・・・『チャイルド・プレイ』

24位・・・『スノー・ロワイヤル』

25位・・・『マイ・サンシャイン』

26位・・・『バイス』

27位・・・『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

28位・・・『クロール 凶暴領域』

29位・・・『ターミネーター ニュー・フェイト』

30位・・・『アラジン』

31位・・・『メン・イン・ブラック インターナショナル』

32位・・・『ゴールデン・リバー』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー