『ドント・ブリーズ2』(ネタバレレビュー)なんか普通になってて残念!

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

毎年恒例行事の、夏に友達の家で開くイベント「ホラーナイト」で、1作目を観て震え上がった『ドント・ブリーズ』の続編があるとのことで早速行ってきた。

あの盲目のムキムキ・タンクトップじいさんが帰ってきた!!!笑

映画冒頭からイヤな予感がしてたけれど、この映画に期待する根幹が変わってた。

続編を作るとなれば、この変化も仕方なく「あり」なのかもしれない。

しかしそう思えないのは、1作目が最初から震え上がった上にラストでもっかい震え上がらせたあのダメ押しが良かったからだ。

今回はそれをいとも簡単に覆していたので、映画の最初から不安を感じ、それがラストで決定的に普通のサスペンスになりさがらせてしまった。

たぶんこれが独立した作品なら、「ホラー」というより「サスペンス」としてまあまあな路線を行ってたかもしれない。

しかしながらあの1作目にして、この2作目はいかん。

タンクトップを着た盲目のじいさんは相変わらず最強だったけど、そのがっかりな点が引きずって、普通にただグロいだけのサスペンスになってしまったのが惜しい。

もう3作目はなくていいでしょ笑。

それでも観たい人は、何も知らずに観たほうがまだいいので、こちらを見ず読まずにいくことをオススメします。



ストーリー


孤独な盲目の老人の家に、盗みに入った若者たちが逆に想像もつかない形でやっつけられた第1作目。

話だけだとアクション映画のようだが、この老人のやり方がもう恐怖でしかなく、すごいホラー映画に仕上がっていた。

(ドント・ブリーズは息をするなという意味。呼吸音くらいの音で見つかって殺されるため)

今回はその2作目。あれから8年。盲目の老人は1人の少女フェニックスを育てていた。

老人が外界の人と会わせたがらないので、ティーンになりかかったフェニックスは不満を感じ始めていた。

ある日、少女を狙って謎の集団が老人の自宅に忍び寄る。

老人はいつものごとく、聴力と感覚を研ぎ澄ませて応戦するが・・・。

映画を観に行く方は何も知らないほうがより楽しめます。以下はネタバレレビューになりますので気をつけてくださいね。(1作目のネタバレも含みます)

盲目であってもやはり最強なじいさん


⇧なんか『ショーシャンクの空』みたいな写し方のじいさん笑。

じいさんが凶器として使う家財道具が、見てる私たちに身近だからか、マシンガンより痛そうに見えるんだよね。

金づちで頭割ったり、釘を刺したり、オノを打ち込んだり・・・(書いてて背筋がゾッとする笑)。

アメリカのガレージには凶器がたくさんあります!

アロンアルファ(瞬間接着剤)みたいなやつで自分の腕の傷口をふさぐじいさんは、「ラ、ランボー!?」と見間違えるかのような戦闘員ぶり笑。

リーアム・ニーソンと同じ年だけど、こっちがヨタヨタしてないな(リーアムごめん笑)。

 

この娘の存在ががっかり

この娘をかわいがるとかありえん・・・・。

道に倒れていた娘を拾って育てていたじいさんは、娘を狙ってやってきた武装集団から命をかけて守る。

この2になってからのじいさんのいきなりのキャラ変が、今回のつまらなかった原因なのだ。

前回は、家に押し入った若者を徹底的にやっつけるとこまでは、度が過ぎてるとはいえ納得してたのに、そのラストに捕らえた若者女子に自分の精液が入ったスポイトを注入しようとしたことが、ドン引きで恐怖だったのだ!

あの異常性が、1作目の盛り上がりを増大させたのに、いきなりレオン※みたいなことするなよ。

※『LEON(レオン)』・・・ジャン・レノが暗殺者を演じ、惨殺された家族の生き残りの少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)と暮らすうちに家族の情が芽生え、最後に命をかけて悪徳警官から守る。

予告編もあらすじも何も見ずに行った私は、この少女を育てているとわかった時点でイヤな予感がしたのよね。じいさん、いきなり善人になるわけ?

ホラー映画の悪人に「良心」なんていらないのよーーー。

そこは徹底してちょうだい!!

 

セットでは表せないデトロイトの廃墟と荒んだ街の空気

この映画は、デトロイト※の本物の廃墟を使ったロケが魅力的なのだ。

※アメリカの五大湖近くの都市で、かつては自動車産業が盛んだった街。安い日本車の台頭により、一気に衰退し、街はゴーストタウンに。

もう町や通りのすさみ具合がハンパないのよ。

銃声がしても火が立ち上っても、警察どころか、消防車も来ない。

映画かぶれとしては、そんなデトロイトに行って8マイル※を歩いてみたい(アホウ)。

※エイトマイル。お金持ちエリアと貧困エリアを分け隔てるかのように通った大通りの名称。この街出身のラッパー、エミネム主演の映画のタイトルにもなった

フォード※の博物館にも行きたいけれど、もっと治安が回復しないと難しそう。

※アメリカの自動車産業の父ヘンリー・フォードがデトロイトに自動車産業を根付かせ、大量生産の方式を編み出し、庶民にも自動車を行き渡らせた。

あの悲惨な空気は、セットじゃ再現できない。あの町全体の歴史がもう、ホラーの恐怖に加担している。

荒んだ街並みや廃墟をハリウッドの映画産業にロケ地として提供したら、街の復興に役立ちそうだけどな。

この街に埋もれたら二度と這い上がれない感じの空気感がたまらなくいいんです!笑

絶対犯罪映画にもホラーにも持ってこいだと思う!!



ジャスミンKYOKOの煩悩だらけの映画トーク

盲目の海兵隊出身の老人が、逆に侵入者を残酷なまでにやっつけるというのは、新しいホラーの形で新鮮だった1作目。

しかし、今回そのじいさんを「いい人」にシフトしたことで、普通の映画になっちゃった。

たまに悪人を「実はこうこうこうで、こういうことがあったからこうなったんだよ」的ななぜ悪の道に走ったかの理由付けの描写をする映画があるけど、人間ドラマには使ってもいいが、ホラーにはあきまへん!

だってそうしないと、悪人が成敗されたときにスッキリしなくなるじゃないか。

じいさんは相変わらず最強だったけど、殺しが1作目よりグロくて、心理的なハラハラより気持ち悪い描写が多めになったのも残念な点だった。

私はただモーレツにハラハラしたいのよー!笑

 

映画『ドント・ブリーズ2』のキャスト

@『ドント・ブリーズ2』(2021年 米)

ノーマン・・・・・・スティーヴン・ラング

レイラン・・・・・・ブレンダン・セクストン3世

フェニックス・・・・マデリン・グレイス

ヘルナンデス・・・・ステファニー・アルシラ

 

【2021】ジャスミンKYOKOの映画私的ランキング

1位・・・・・『ラスト・フル・メジャー』

2位・・・・・『KCIA 南山の部長たち』

3位・・・・・『ヤクザと家族 The Family』

4位・・・・・『プロミシング・ヤング・ウーマン』

5位・・・・・『グリーンランド 地球最後の2日間』

6位・・・・・『ある人質 生還までの398日間』

7位・・・・・『ビバリウム』

8位・・・・・『RUN』

9位・・・・・『インヘリタンス』

10位・・・・・『ワイルド・スピード JETBREAK』

11位・・・・・『アオラレ』

12位・・・・・『キル・チーム』

13位・・・・・『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』

14位・・・・・『秘密への招待状』

15位・・・・・『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』

16位・・・・・『アウトポスト』

17位・・・・・『聖なる犯罪者』

18位・・・・・『ジェントルメン』

19位・・・・・『ファイナル・プラン』

20位・・・・・『ドント・ブリーズ2』

21位・・・・・『ゴジラVSコング』

22位・・・・・『ノマドランド』

23位・・・・・『キング・オブ・シーヴズ』

24位・・・・・『AVA/エヴァ』

25位・・・・・『テスラ エジソンが恐れた天才』

26位・・・・・『Mr.ノーバディ』

27位・・・・・『カポネ』

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA