『孤狼の血 LEVEL2』これはヤクザ映画じゃのうて、ただのバトル映画じゃけえ

こんばんは、「ヤクザ映画、ぶち好きじゃけえ(すごく好き)」ジャスミンKYOKOです。

3年前大興奮した『孤狼の血』の続編がこの度公開されました。

ほいなら、ヤクザ映画好きとしては行かないけんじゃろ?

久しぶりにぶち広島弁の集中砲火を浴びて、ウキウキしとります。

ええもん観させてもろた、と言いたいところじゃが、話がいけんかったわ笑。

こりゃー、ワシの観たいヤクザ映画とちいと違う。

CM観た時になんやイヤな予感がしちょったんが的中してしもたんや!

(大変なので普通の言葉に戻します笑)

松坂桃李(まつざかとうり)扮するマル暴(まるぼう。暴力団専門の警察の部署)の刑事に敵対するヤクザに鈴木亮平がキャスティングされていて、その異色な風貌からイヤな予感が走ったのだ。

鈴木亮平がハリキリすぎ!

おんどりゃーありゃヤクザじゃねえ、猟奇殺人鬼じゃけえ!

ワシは欧米かぶれじゃけんど、大好きなヤクザ映画は「欧米より」になってはいけんのじゃ。

そこんとこ、よろしく。(最後は永ちゃん風・・・広島出身笑)。



ストーリー

広島の呉原市(くれはらし。呉をもじった架空の街)を舞台にめぐる、警察とヤクザの攻防戦。

前作(役所広司主演。柚月裕子原作)で広大を出てマル暴の刑事に新人として配属された日岡(ひおか。松坂桃李)が今回は主役で、完全オリジナルストーリー。

日岡は、大上(おおがみ。役所広司)の跡を継ぎ、大上同様、広島の極道社会を警察の権利をうまく利用して、抗争が起きぬように裏で取り仕切っていた。

3年前(昭和63年)勢いがあった五十子会(いらこかい)の会長が尾谷組(おたにぐみ)に殺され(前作での話)、日岡が間に立ち、手打ち(抗争の終了宣言。和解)とした。

暴対法(暴力団対策法。平成3年)の発令もあり、今は双方ビジネスに舵を切り、あたかも平穏に見えた。

そこへ五十子会の前会長の部下であった上林(うえばやし。鈴木亮平)が出所し、会長が討たれたのに仇を取らず、ビジネスの話ばかりの二代目に激怒。

上林が暴走し始め、呉原の極道の均衡は破られていく。

 

桃李くん、ワレすごいやんけ


『孤狼の血』の1作目を観た時に、松坂桃李の素晴らしさを知りました。

今どきのただのスマートな若者やんと見くびっててごめん!(お前は何様か笑)。

1作目では、広島大出の世間知らずの新人で、マル暴で凄腕の刑事ガミさん(大上刑事。役所広司)のやり方に違和感を覚えたり、反発したりしていた。

ガミさんの本当の人間性と仕事への忠誠心に心を打たれ尊敬を覚え始めていた矢先に、大上は抗争に巻き込まれ死んでしまう。

ガミさんの死と、警察上層部の保身や隠蔽へのやるせなさや怒りから、次第にたくましいマル暴の刑事となっていった前回。

もう今回は、ヤクザも顔負けの立派なマル暴の刑事です。

ガミさんの愛飲してたハイライト(ニコチン含有量がすさまじく多い強い煙草)をプカプカふかすのよ、広島弁もうまくなって凄みが出てきた!

目が違います‼︎桃李すごい。

あの頃(昭和63年頃。桃李はこの年誕生)のハイライトのパッケージがまたかっこいい♪

タバコも吸わないような世代が、こういう役をやるのはきっと難しいのに、松坂桃李はがんばってる♪

タバコもポイポイ投げ捨てて、最高!(したことないだろうから楽しいやろね)。

今のうちにイカした煙草の吸い方や立ち回りをおっさんたちから習っておいてね。

 

鈴木亮平が吉と出るか凶と出るか、凶やろがい!


CM観た時に嫌な予感がしました(ヤクザ映画好きの不穏な直感です笑)。

あのもみあげ部分のかなり上部での刈り方・・・。

違うわ、変態仮面※よ。そっち系に行くんじゃないわよ。

※少年ジャンプに連載されたブリーフを顔にかぶる正義の味方。実写化で鈴木亮平が変態仮面を演じた。あの役が出来る若手がいるのか!と驚いた笑(かなり恥ずかしい格好なので)

そっち系とは、この場合ヤクザ映画のわびさびを無視した、欧米映画に出てくる異常性のある人間のこと。

映画が始まるや否や、不安は的中!いかん!ガイ・ピアース※やんか!!


※『欲望のバージニア』で、ガイ・ピアースが禁酒法下の異常な取締官を演じた時に、その異常性を外観で表すためにもみあげを高い位置で刈り込んでほんと気色悪さを出していた。

たぶん、ああいう映画を数多く観ていて、出で立ちから異常性を打ち出したかったのだろうけど、日本のヤクザ映画に欧米を出さないでくれ!安易すぎじゃ。

会長の敵討ちと言ってる割には、二代目よりなぜ会長を好きなのかの描写や表情がなく、とってつけたような理由で、ワクワクせず。

組織の下っ端が暴走するのはヤクザ映画あるあるで楽しいけれど、今回は上林のクーデター(下剋上。所属の組を無視して新たに組を立ち上げる)とも取れる所業。

それならそれで、何か不満が積もり積もってとかいう描写があってもいいのに、そんなもんはほとんどないし、こんなやつ危なすぎて普通組織に入れないでしょ。

ただの殺しが好きなやつにしか見えん。そういうやつはヤクザ映画では主役になってはいかん。

なぜこんな異常者になったのかの描写があったけど、あれはいらんちゅーに(サスペンス映画じゃないんだから)。

とにかく鈴木亮平の一人暴走で、組織のやりとりも楽しみの1つに入ってる私としては、ただの桃李とのバトル映画に成り下がってしまったことが悲しかった。

そんならヤクザ映画じゃなくてよくないか?

ああいう、恐怖で部下を仕切っていて暴走し過ぎな組長だと、下の者がついていけずに仲間割れとか裏切り(他の組に投降)が絶対あるから、それを描いてくれたらもうちょっと面白かったかも。

いぶし銀なおっさんたちを躊躇なく次から次に殺していくので、ヤクザ映画の楽しみ(おっさんたちのやり取りも好き)をまた潰された。

お前なー!大量殺戮映画じゃねーんだよ!どアホが!

ヤクザは抗争なんだよ!組織VS組織なの!

まあ、この辺は鈴木亮平のせいじゃなく、脚本のせいだろうけど笑。

・・・・中身がない!!

鈴木亮平のもんもん(入れ墨)が、なんだかババシャツ※みたいで変でおかしかったけどね(ひどい言いよう)。

※ヒートテックが流行る前は女子が冬場に着る長袖のインナーをこう言った

 

ヤクザ映画じゃのうて、ただのバトル映画じゃけえ

カーチェイスもあったけど、昭和のそれじゃないというか。

車がひっくり返るとか、ヤクザ映画に求めてないからね笑。

日岡と上林の殴り合いもあまりにも長くて退屈だった。

ヤクザ映画は、警察との駆け引きとか、風俗や飲み屋のみかじめ(その地域で商売をやることの手数料)集金とか、警察も権力の乱用だったり、とにかく言葉の駆け引きや裏取引、裏切り、賄賂などが見どころなんです。

そんなとこをすっ飛ばして、内容ないのに残虐性だけ増すというのがガッカリしたな。

殴り合いのシメ方は好きだったけどね。



いい味出してるキャストもおったど!

⇧県警上層部の捜査一課の管理官、嵯峨大輔(滝藤賢一)。

今回もほんといい味出してます。この人いい人やらせてもうまいけど、いい人の顔した汚職まみれの警察やらしてもほんと、うまい♪

⇧上林組に潜入するイヌ(スパイ)になるチンタこと近田幸太(ちかだ こうた)を演じる村上虹郎(むらかみ にじろう)。

この虹郎くんは、ほんとうまかった!

日岡に言われるがまま、危険な潜入をするけど悪にも染まらず、いつか韓国に行く夢を観ている。

在日韓国人で日本にも馴染めず、いい仕事にもつけなかったチンタは、弟のようにかわいがってくれる日岡から離れることができなかった。

日岡の期待に応えたい思いと、上林への恐怖のはざ間で思い悩むチンタ、良かったです。

虹郎くんのシーンが一番人間ドラマとしてよかった部分かも。



ジャスミンKYOKOの煩悩だらけの映画トーク


⇧チンタの姉でスナックのママの近田真緒(ちかだまお)役の元乃木坂46の西野七瀬。

ファンがうるさそうな女子をヤクザ映画にキャスティングしたらいかんやろ。

脱ぎも触りも襲われもさせられへんやないか笑。(ヤクザ映画はエロ部分も重要です)

前回の真木よう子がよかった♪

五十子会の亡くなった会長の妻として、かたせ梨乃が出てたのが嬉しかった笑。

久しぶりに彼女の「あんた~⤴」(ちょっと尻上がりに半音上がる)が聞けてウキウキした。(極道の妻シリーズに出ていて、特徴的なあんた~⤴の言い方を真似してた私笑)

 

⇧斎藤工(さいとうたくみ)の広島弁が下手すぎて、衝撃(笑)。

文太(菅原文太のこと)に習ってこい!笑

前作の江口洋介も東京出身だけど、まだがんばってたぞ!

そう言えば、日岡が相棒として組まされる瀬島が雀荘にいる時に、後ろで麻雀やってるゴンザレスさん※見つけて笑った!笑。

※ゴンザレス丸山・・・世界各地のスラムや犯罪多発地域をレポして回るフリーのジャーナリスト。「クレイジージャーニー」にも出演してた。

 


⇧やっぱり昭和のヤクザ映画は、昭和な映画館で観ないとね♪

レトロな赤い椅子で袋入のポップコーンで楽しみましたよ♪(昭和っぽいでしょ笑)

このシリーズのナレーションが昭和のヤクザ映画に流れてたのと似てて激シブで大好き♪

キャストも赤い明朝体で縦に書かれていくのが『修羅の群れ』(松方弘樹主演のヤクザ映画)とかを思わせて最高‼︎

その心意気は大好きだったけど、1作目を上回ることができず、残念じゃった。

悩んだけど桃李くんと虹郎くんのがんばりでこの順位♪

2人にはヤクザ映画の未来を託します、次回に期待!

 

映画『孤狼の血 LEVEL2』のキャスト

@『孤狼の血 LEVEL2』のキャスト(2021年 日本)

【呉原東署】

日岡秀一(ひおか しゅういち、マル暴)・・・・・松坂桃李

【広島県警】

嵯峨大輔(さが だいすけ、管理官)・・・・・・・滝藤賢一

瀬島孝之(せしま たかゆき、元公安)・・・・・・中村梅雀

【広島仁正会】

綿船陽三(わたふね ようぞう、会長)・・・・・・吉田鋼太郎

溝口明(みぞぐち あきら、理事長)・・・・・・・宇梶剛士

【五十子会(いらこかい)】

角谷洋二(かくたに ようじ、会長)・・・・・・・寺島進

五十子環(いらこ たまき、前会長の妻)・・・・・かたせ梨乃

上林成浩(うえばやし しげひろ、上林組組長)・・ 鈴木亮平

近田幸太(ちかだこうた、チンタ、構成員)・・・  村上虹郎

【尾谷組】

一ノ瀬守孝(いちのせ もりたか、組長服役中)・・江口洋介

橘優馬(たちばな ゆうま、若頭)・・・・・・・・斎藤工

花田優(はなだまさる、構成員)・・・・・・・・ 早乙女太一

【その他】

近田真緒(ちかだ まお、スナックのママ、チンタの姉)西野七瀬

吉田滋(よしだ しげる、元構成員)・・・・・・・音尾琢真

瀬島百合子(せしまゆりこ、瀬島の妻)・・・・・ 宮崎美子

高坂隆文(こうさか たかふみ、新聞記者)・・・・中村獅童

 

【2021】ジャスミンKYOKOの映画私的ランキング

1位・・・・・『ラスト・フル・メジャー』

2位・・・・・『KCIA 南山の部長たち』

3位・・・・・『ヤクザと家族 The Family』

4位・・・・・『プロミシング・ヤング・ウーマン』

5位・・・・・『グリーンランド 地球最後の2日間』

6位・・・・・『ある人質 生還までの398日間』

7位・・・・・『ビバリウム』

8位・・・・・『RUN』

9位・・・・・『インヘリタンス』

10位・・・・・『ワイルド・スピード JETBREAK』

11位・・・・・『アオラレ』

12位・・・・・『キル・チーム』

13位・・・・・『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』

14位・・・・・『秘密への招待状』

15位・・・・・『孤狼の血 LEBEL2』

16位・・・・・『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』

17位・・・・・『アウトポスト』

18位・・・・・『聖なる犯罪者』

19位・・・・・『ジェントルメン』

20位・・・・・『ファイナル・プラン』

21位・・・・・『ドント・ブリーズ2』

22位・・・・・『ゴジラVSコング』

23位・・・・・『ノマドランド』

24位・・・・・『キング・オブ・シーヴズ』

25位・・・・・『AVA/エヴァ』

26位・・・・・『テスラ エジソンが恐れた天才』

27位・・・・・『Mr.ノーバディ』

28位・・・・・『カポネ』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA